コインチェック、3つの通貨取り扱い終了か?

匿名派ブロガー兼スロリーマン爆誕。IMG_20180317_004235新宿のHUBには数回通いましたが、こんな美女は居ませんでした!!

モテないブス女が外国人や、ブスの男にモテるために来るような所、ブスの男が輝ける場所…まさにカオスなブタ箱だった✌(‘ω’)✌

 

さてさて、記事のタイトルからしてマジかよ…っていう話ですが、本日もやっていきましょう。

現在も私の大切なDASHちゃんの取り引きを停止させ、XEMを大量ハッキングさせ大きな問題を起こしてしまった悪名名高いcoincheckですが、今回の一連の事件を期に金融庁から本格的な業務改善命令を受ける運びとなってますね。

 

そして現在coincheckは金融庁から認可を受けずに運営を行っていた【みなし業者】…何故、あれだけ多くの人から利用されていたcoincheckが【みなし業者なのか?】っという理由と共に今回の件を説明しましょう。

 

現在coincheckで取り扱われている通貨に モネロ(XMR)、ジーキャッシュ(ZEC)、ダッシュ(DASH) という物があり、非常に高い匿名性を持った通貨があり、今回coincheckはその3通貨の取り扱いの終了をさせる方向で動いているようです。IMG_20171202_223636.jpg

 

そもそも、coincheckがなかなか金融庁に認可されないのもこの3つの通貨の存在が足を引っ張っていると言われていました。

 

この3種の通貨は、BTCなどよりも匿名性が非常に高い仮想通貨として知られており、金融庁が懸念しているマネーロンダリングなどの原因になる可能性が懸念されています。

 

今回、コインチェック側は今後も営業を続け、金融庁の認可を受けるためには、こういった不安要素にしかならない通貨の取り扱いを取り止めようという方向で動いているわけですね。

この3種の通貨に関しては、日本では基本的に流動性の低い通貨でもあるし、取引はどちらかというと米国などが中心ですから、取り扱いを無くしたとしても市場への影響は限定的だと予想してます。

 

ただし個人的な意見を言わしてもらえば、それだけ匿名性においては絶対の力を持っている事と…DASHにおいては海外で決済にも使われてる。

そしてDASHの場合、匿名性は任意で設定できるという事。DASHにおいてはその送金スピードも含め性能の高さ、活動内容から個人的に推している通貨でもありました。

はっきり言い切ってしまえば、そんな目的も明確にあり、決済にも使われている=通貨としての形を形成している物が排除され、何故オーガーやファクトム、イークラ等の何の開発してるの?的な通貨を残す方が正直無意味だと思っている。

むしろそんな物残しといて、国民に投資させちゃっていいんですか金融庁さん?っていう感じ。

 

 

今後の動きについては、モネロ、DASH、Zcashは日本国内でcoincheckでしか取り扱いがない通貨なので、中止された場合は海外の取引所でBTCなどに換金しないと現金化が不可能になるかと思います。

 

この3つの通貨を持っていて、海外取引所を利用していない方は、早めに何かしらの手段を検討しておいた方がよさそうですね。IMG_20180317_210817.jpg【さよならDASH】

 

というより、今回の件に関してはそもそもハッキングを引き金に起きている事であり、coincheck側の都合で取り扱いを無くすのは構わないが、現状としてはcoincheck側の都合で取り引きも停止させている状況ですので、それなりの対応をして頂かないと、だんちょーもそろそろ激おこですよ。(๑ŏДŏ๑)




国内最安値の取引き額、モナコインやトークン等コインチェックでは取引き出来ない物が多数揃ってます。_20171019_025954現在ザイフでも紹介者ボーナス増額キャンペーン中!!最大18000円分のキャッシュバックあり。国内で取引きをするなら上記2つの取引所で間違いないでしょう。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中